10月はこのまま下目線で良いのか?

投資戦略

9月の相場は大方の予想通り弱く推移しました。

長期投資では現金比率を上げ短期投資ではショートで様子を見たことにより、

今のところは大きな被害は受けずに推移しています。

https://www.yardeni.com/pub/stmktreturns.pdf

今後の課題としてどの段階で、

長期投資の買いを再開するか、短期投資のショートを利確するかが焦点になってくると思います。

今のところまだ市場は下げ局面ではあるため、

「落ちるナイフは拾うな」

の格言と通り様子を見ていこうと思っていますが、市場動向を確認していきます。


<ナスダック100>

RSIは50未満MACD・ストキャスティクスは下落トレンド

株価は直近安値を更新し、逆N字を形成

MA100がレジスタンスになるかを試す局面

出来高は3月の下落時より少ない


<S&P500>

RSIは50未満MACD・ストキャスティクスは下落トレンド

株価は直近安値を更新し、逆N字を形成

MA100を下に抜けた

出来高は3月の下落時より少ない


<アップル>

S&P500の6%、ナスダック100の11%の比率を占めているアップルの株価は

RSIは50未満MACD・ストキャスティクスは下落トレンド

NASDAQ100と同様に MA100がレジスタンスになるかを試す局面


<日経225>

RSIは50。 MACD・ストキャスティクスは下落トレンド


市場の動向をみるためにSP500のNet positionを見てみると、

9/21までのデータしかまだありませんでした。

この時点ではLong優勢です。


SPYshort volume ratio

Short volume は徐々に増えてきておりますが、以上に多い状態ではありません。


<VIX/VVIX>

以前高橋ダンさんが紹介した先行指標としてのVIX/VVIXは

8月16日から下落トレンドになっています。

まだトレンドは継続しているようにみえます。

<まとめ>
・S&P500ナスダック100下落トレンド。
・S&P500はMA100を下に抜けた。日経225はRSIは50であるため、米株下落に引っ張られると、一段の下落のリスクあり。
・出来高は非常に多いわけではなく、市場全体がまだ様子見なように感じられる。

といえると思います。

このまま長期投資の現金比率高めはステイ短期投資としてのショートは続けていこうと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました